categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

archives

ショック……

0
    ともちゃん

     久々に日記を書いたのに……アップ直前に消えた……。

     心が折れたので、寝ます。

     また明日、書きます。

    【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


    meishin

    3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
    ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

    近況

    0


      梅干2011


       とってもお久しぶりです。
       こう書くと、いつも、「なぜ更新しなかったんだろうか?」 と思います。

       結構グダグダな日が続いておりましたが、昨日、何度目かの復活をいたしました。
       早起きして仕事をどんどん片付けました。
       こういう時は、家事も進みます。
       仕事の合間に梅干も干しました。
       グダグダの日は、何もできません。

       梅干、思ったよりも色が悪かったですが、自分で食べるのだから問題はありません。
       ザルに並べていると、梅のすっぱい香りで、頭から汗がドワ〜っと流れてきます。
       去年は梅干も漬けられなかったことを思うと、幸せなことです。

      おたまじゃくしの鉢


       こちらは庭の真ん中にある、おたまじゃくしの棲家です。
       泳いでいる姿も撮ったのですが、光が反射して見えませんでした。
       この2つの棲家に、30匹ほどが生息していると思います。
       前足が生えてきたヤツも居たのですが、昨日は確認できませんでした。
       早く鳴き声が聞きたいと思うのですが、まだ少々待たなければならないようです。

       書きたいことが結構あったような気がするのですが、忘れてしまいました。
       ……そうだ、先日、お店に新しいお客様が登場しました。
       一人飲みの山形出身の若い女性です。
       バンドのヴォーカルのレイカとトモちゃんも山形だし、常連様のファイアーあべも山形だし、近所の飲み屋の社長のササキさんも山形。ご縁があるのかもしれません。
       ウチの店に一人で入ってくるぐらいですから、もちろん酒豪でした。
       かなり楽しんでいただけたようで、次回のご来店を心待ちにしているところです。

       ということで、近況でした。
       もうちょっとマメに更新したいと思います。


      【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】

      meishin

      3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
      ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

      ご近所付き合い

      0
        カーニバル


         7月も半分を過ぎてしまったかと思うと、悲しくなります。

         さて、今年もいよいよ神輿の季節です。
         今年は、町内会長が祭りに非協力的なため (理由が全くわかりません)、会長に代わってバリバリ現役のサラリーマンの方祭典委員長になりました。
         そうした方が委員長を買って出るというのは、実に偉いと思います。

         ただし、委員長は平日の昼間は家にいらっしゃいません。
         そこに問題が生じました。
         他の役員さんでは、数年前からデータ化されている注文書やら行程表やら請求書やらが見れない、作れないのです。
         例年通り、会長さんが祭典委員長になれば、町内会の役員さんが分担して仕事をしますから、パソコン作業ができる人はいくらでも居るのですが、今年は神輿の役員が夏祭り全体の準備の仕事もしなければならないのです。

         そのために、役員で昼間家に居て、かつ、パソコン仕事ができる私の家のインターフォンが、毎日鳴ることになります。
         そうすると、「このキャッシュフロー表を見ると、定年後6年目で金融資産残高が……」 とか、「支払う保険料の総額は、約3467万になりますが、一方、その時点での保障額は……」 とか、「無用の我慢の発生原因は大きく分けると4つに分類できます……」 といった文章を書いていたのを一時中断し、「スイカ 35個 11時までに配達」 とか、「金魚300匹、かき氷シロップ3種類、わたあめ用ザラメ」 とか、「テントと綿アメの機械は幼稚園から借りる。抽選会1等はコシヒカリ10キロ」 といった文書を急遽作成するのです。

         まあ、こんなことぐらいは喜んで協力しますよ。
         奉納金集めを含めた様々の準備をする人がいないと、まさに 「神輿が上がらない状態」 になってしまいますから。
         毎年、夏の恒例の、ありがたいボランティア活動だと思ってます。
         それに、こういうことが全然なくなっちゃったら、近所付き合いも消滅してしまいます。ある程度のご近所付き合いがあると、「これがなくなっちゃったら、殺伐としちゃうな〜」 と思いますよ。

         ということで、今日もインターフォンが鳴りました。
         今日作った文書は、氷の配達の注文書と、コインパーキングの一時閉鎖のお願いでした。


        【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


        meishin

        3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
        ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

        夏の夜の癒し

        0
          ヤモリ


           昨日は家で仕事でした。
           お待たせしまくっている生命保険コンサルティングの仕事を片付けないと、他の仕事が手につきません。
           店頭で、あるいは訪問して、「こんな保険もありますよ」なんて提示するレベルとは5桁ぐらい違うコンサルティングなので、1件の作業を終えるのにものすごく時間が掛かります。
           お客様から、「メールをプリントアウトするのにものすごく時間が掛かった」と言われるくらいですから。

           ということで、昨夜は、飲みに行きたい気持ちを必至に抑え、仕事部屋で終夜パソコンに向かっておりました。

           パソコンモニターのすぐ向こう側は大きな窓です。
           深夜に電気をつけていると、小さな蛾が灯りに寄って来ます。
           それを捕食しようと、ヤモリがガラスの向こうにはりつきます。

           毎年の夏の夜の癒しです。
           この写真のヤモリはスリムですが、どうも、夏がもっと深くなると、ポッテリと太ってくるように思います。
           見事に蛾を捕食し終えたところです。
           この直前まで、口に蛾を銜えていたのですが、シャッターチャンスを逃してしまいました。
           雨模様の夜には何匹も集まります。
           ポッテリ体型になっても、捕食の瞬間は結構素早く動きます。

           目の前1メートルほどで自然界の食物連鎖の様子を見られるのは、なかなか興味深いものですし、ヤモリの愛嬌ある動きは、コンサルティング作業の尖った気持ちを和らげてくれます。

           ささやかではあっても、自然があるのは素晴らしいことです。
           そして、そうした国土を不毛の地にしてしまう可能性を抱えた原発なんてものは、即刻全廃すべきに決まっているのです。

           ということで、今日もコンサルティング作業は続きます。
           夜になれば、またヤモリが遊びに来てくれることでしょう。


          【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


          meishin

          3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
          ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

          漬物

          0
            白菜漬け
             今日は昨日よりもさらに気分が復活して、仕事もきちんとできましたが、時折、怒りの言葉を腹の中で発しています。
             ただし、陰鬱に 「ウラミハラサデオクベキカ」 ではなく、気持ち良く啖呵を切っています。

             その件に関してちょっとだけ書きますね。
             今日、たまたま友人の税理士さんと昼飯を食べ、その時に、「コレコレのことで怒られちゃったんだよ!」 と言ったら、
             「へ??? ……三洞さんが……ですか???」
             「……な、なんで、……怒られるんですか?」
             といった反応でした。

             そうなんですよ。
             なぜ怒るのか、ワケワカンナイんですよ。
             弁護士さんも 「へ???」 でしたし。
             税理士さんや弁護士さんのような専門家でなくても、ウチの弟も 「何で? ワケわかんないじゃん」 でした。

             このブログ、読んでないかな〜。
             読んでてほしいな〜。
             そういう理不尽なレベルなんですよ、アンタは! って、読んでると仮定して、書いておきましょう。


             さて、つまらん人関連の話はこの辺でやめて、漬物の話を。

             今宵は弟の店 「Sakuragi」 は定休日なので、三洞オリジナルメニューのみでの営業であり、必然的に 「切るだけ」 「焼くだけ」 「出すだけ」 「料理ちょっとだけ」 のメニューがほとんどになります。
             「和風いわしステーキ」 なんてメニューもありますが、90秒でできる簡単料理です (でも、とっても美味いです。家で飲む時に時々作りますが、「美味いな〜」 と思います)。
             作るのに手間が掛かるのは、「三洞ラーメン2号」 と 「夜だけど朝飯」 ぐらいです。

             中でも、漬物は 「切るだけ」 なので、少ないメニューの3割を占めています。
             糠漬け、生姜の梅酢漬け、生姜の醤油漬け、茗荷の梅酢漬けといったところは、いつもあります。
             加えて、ラッキョウや白菜の塩漬け、茗荷となすの塩もみとかいったものも、発作的に作ります。

             漬物は、自分も好きだし、ノンべが好むし、「美味しいですね!」 と言って貰えるととっても嬉しいから、色々漬けて楽しんでいます。
             そのため、しばしば店で消化しきれず、行きつけのBAR 「hang O'bar」 に土産で持って行ったり、メグちゃんにあげたりもしています。

             今週は、木曜に、梅干用の梅10キロが届きます。
             これはきっちり1年で消費できます。
             土曜がゴルフで、日曜がれいかの新曲発表会なので、月曜に漬けます。

             漬物なんて、ごく身近なもので、ごく簡単にできることだけど、やっていると、手作業・手仕事の大切さということを感じます。
             コンサルティングの仕事においても、セールスの仕事においても、同様なんだよな〜……とも感じます。
             口だけで売り上げが上がる人というのはごく少数であって、大多数の 「普通の人」 は、頭と手を動かさないと、効率が上がらないんですよ。
             ちなみに、フットワークは大切だけど、「足を使う」 のは効率が低下します。
             「足で稼ぐ」 なんてのは前時代的な間違った思考ですよ。現代においては、足は 「使う」 のではなく、「足元を固める」 が必要で、足元を固めるためには、「勉強」 イコール 「本を読み、ノートを取る」 ……ということになりますので、結局は、「頭と手」 ということになるんですね。

             何だかセミナー口調になってしまったので、この辺で終了します。 
             来週は梅干を漬ける作業から元気にスタートすることになるでしょう!


            【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


            meishin

            3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
            ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。


            怒り表面化。心は安静に。

            0
              割られた窓
               先日、何者かの投石によって割られた窓です。

               今では新しい窓が付き、ついでに網戸も付けてもらったので、風通しが良くなりました。
               風通しの良くなった部屋で、気持ち良く仕事ができています。

               思えば、この被害に遭った頃は、泣きそうな気分でした。
               全くの理不尽な、揚げ足取りの非難を受け、イヤな気持ちになっていたのです。
               何の被害も迷惑も掛けていないどころか、親切心から懇切丁寧にやってあげたことに対して、不当や怒りやら、あろうことかエラそうなお説教まで喰らってしまい、憤懣やる方ない気分でした。
               とにかく、「自分は被害者だ」 「ひどいことをされた」 と決め付けて (ホント、何もしていないし、親切心でやったことに対して……ですよ!)、それで優位に立ったつもりになって、怒りやら説教やらをぶつけて来るのですよ。

               昔だったら即ギレです。
               でも、今は少しは気が長くなったので、怒ったら同じレベルになっちゃうし、あまりにも馬鹿なので言ってもわからないだろうから何も言いませんでしたが、それを喜べるほどには人間ができていないので、常に怒りが鬱積した状態でした。
               しかも、私は幸いにして、人柄も頭もとても良い人たちに囲まれて、日々穏やかに楽しく暮らしているので、不当な怒りや悪意に対する免疫がなく、余計に鬱積してしまったのです。

               しかし!
               今日、その怒りが吹っ切れました。
               吹っ切れたというのは、忘れたということではなく、鬱積した怒りが表面化して、「やるならやってやろうじゃないの!」 「ナメてんじゃね〜ぞ!」 のレベルになったのです。
               そうしたら、すっかり元気になってしまいました。
               ようやく、仕事もどんどん進むようになりました。

               そうなって考えてみれば、明らかにこっちが被害者ですよ。
               窓ガラスの被害どころじゃありません。

               書いたら余計にスッキリしました。
               その上で、改めて、「現象には良い悪いはなく、自分がどう感じるかだけなのだ」 と思ったら、さらに平安な気持ちになって来ました。
               ヨカッタ、ヨカッタ♪


               つまらん人間のことはこれぐらいにして、「ちょっとしあわせ気分」 になれる話を書きましょうね。

               昨日の夜、お店のお客様のノリちゃんが、おたまじゃくしを捕ってきてくれました。
               睡蓮鉢とバケツに分けて入れました。
               今日になってじっくり見ましたが、まだ一匹も死なず、元気にキョトキョトと泳いでいます。見た目がひょうきんなので、かなり面白いです。
               蛙になるのは餌をやって放置しておくだけなので簡単ですが、何とか越冬できる環境を整えたいと思い、あれこれ思案中です。
               まあ、庭に小さな池を作ることになるでしょう。

               明日は店に出て、三洞ラーメン2号の出汁を取ります。
               好評をいただいておりますので、やり甲斐があります。
               終わったら、出汁ガラをしゃぶりながら酒を飲みます。ガラ、とっても美味いんですよ。
               たまたま閉店時に店に居た人は食べることができますよ。

               今日は、ブログを書いてから、「結婚する娘に贈る本」 の最終校正をやります。
               構想から5年、着手からは3年ほども経ってしまっているでしょうか。
               気分が吹っ切れたので、数年ぶりに楽しく、かつ猛然と進めることにいたします。 
               それが一段落したら、読書しながら美味しいワインを飲んで、心穏やかに床につくことにいたしましょう。

              三洞ラーメン2号


              【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


              meishin

              3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
              ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

              これからパワーアップ!

              0
                reika


                 ものすごく久々の更新です。
                 なぜこんなに更新しなかったのかな〜と不思議に思います。

                 この頃、ようやく仕事が少しづつできるようになって来ました。
                 店は時間が来たら開けなきゃならないし、開ければお客様が来てくださるので楽しくなりますが、コンサルティングや執筆などのデスク仕事は、始めるまでにかなり時間が掛かってしまう状況でした。
                 自由業だからこそ、そうした点は何とか改善しないといけないと思う一方、こんな状況でも何とかなるように今までやってきたからこそのグダグダであり、それはそれで仕方ないとも思っております。

                 ということで、近況などをまとめて書いてみます。

                 お店では、「三洞ラーメン2号」 が非常に好評をいただいています。
                 汗を流して寸胴の前に立ち尽くした甲斐がありました。
                 透き通ったスープを見ると、それだけでかなり嬉しくなります。
                 来週はまた出汁を取らないといけません。

                 先週は久々に釣りに行きました。
                 自然にどっぷり浸かって、たくさん釣れて、たっぷり食って飲んで、爆睡しました。
                 あんなにぐっすり寝たのも久しぶりだと思います。

                 近頃、スタミナ食をたっぷり食べています。
                 仕事が進まないのはパワー不足なのではないか……と思って。
                 胃が大きくなったような気がします。
                 ただし、昨年の入院で、「おそらく原因は食べ過ぎ飲み過ぎの蓄積でしょう」 と言われたので、無茶はしないようにしています。
                 夜中に腹が減ったときは、ラーメンではなく、豆腐や納豆を肴に軽く飲んで寝るようにしています。

                 今日、おたまじゃくしを30匹ほど貰いました。
                 お店のお客様のノリちゃんが、わざわざ捕ってきてくれました。
                 蛙にはなるでしょうが、その後、何とか越冬できるようにとあれこれ思案中です。

                 そして来週は、今年初のゴルフがあります。
                 その翌日は、バンドのヴォーカルの赤川れいかのセカンドシングル 「チェリー」 の発売記念パーティーです。
                 とってもイイ曲なので、売れるとイイな〜と願っています。
                 7月1日のライブでは、バンドでもその曲をやります。
                 ご都合よろしき方は、是非見に来て下さい。
                 
                 ということで、久々のブログ更新でした。
                 これから徐々にパワーアップして行きたいと思います。


                【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


                meishin

                3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
                ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

                 

                自由な時間から良質な時間へ

                0


                  おっさん隊4おっさん隊3


                   昨日はライブでした。
                   私の友人知人が20人も来てくれた中で、今までで一番の出来でした。
                   皆様、ありがとうございました。

                   例によって私たちの写真はありませんので、ライブ終了後にお客さんが盛り上がっている様子を。
                   少年隊を熱唱するオッサン隊です。
                   即席なのになかなか見事にパフォーマンスしていました。
                   エライです!

                   昨日は妙に早起きしちゃって、妙に電話の多い日で (私、営業マン時代から滅多に電話が鳴らないのです)、業務をこなして、ギターの練習をして、ライブの準備をして、4時に新橋に行ってリハをやって、9時から2ステージをこなして、飲んで、大宮でさらに飲んで……という一日だったので、床に就いたらすぐに失神。
                   7時頃に目が覚めて、汗を拭いて水を飲んでまた寝たら、12時までまたぐっすり眠れました。
                   起きれば気持ちよい日差し。
                   非常に気分の良い1日の始まりでしたが、やること山積なのに、今、夜の10時になって、な〜〜〜んにも出来ていません。
                   そのせいで少し悲しくなっておりましたが、こうしてブログを書き始めたら、気持ちが落ち着いてきました。
                   たっぷり寝たのだから、この勢いで仕事をしようと思います。

                   先頃、出版社の人と会って、その人から、「作家さんもきちんと朝に起きて、決まった時間に机に向かう人がほとんど。そうでないと仕事にならない」 という話を聞き、私も少し規則正しく仕事をしようと思いました。
                   「目覚まし時計を掛けずに済む生活を手に入れる」 は、私の目標の一つで、それは15年ほど前に手に出来たのですが、さらにそこからステップアップする時期に来ているのでしょう。
                   単に、「好きな時に起きる」 ではなく、もっと上質な時間を手に入れるべく、考え、実行したいと思います。

                   明日は小梅の梅干と、梅酒を漬けます。
                   そして原稿の校正をプリントアウトし、コンサルティング仕事を行い、来週の予定を立てます。
                   充実した1日になることでしょう。
                   楽しみです。


                  【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


                  meishin

                  3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
                  ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

                  怒らなくて正解

                  0
                    お店の花
                     ずっと雨で寒いですね。
                     寒いからイヤだと言っているわけではございませんが、冬物を仕舞って、炬燵も仕舞った途端の気温低下は、ちょっと悲しいです。

                     さて。
                     昨日、とってもイヤな電話をしなければならず、よく眠れずに早起きしてしまい、それにもかかわらず午後1時まで電話ができずに悶々と暗い時間を過ごす……という、私には滅多にないことをするハメになりました。

                     業務連絡なら、そんなことはありません。
                     イヤでも何でも淡々と素早くやるのみです。
                     苦情や文句を言うのなら、ためらいません。ガツンと言うだけです。
                     そうじゃなくて、身内の話だから困るのです。

                     電話する前、「怒らない!」 と紙に書きました。
                     何しろ短気ですし、私は全く間違っていないけど、「そっちがおかしいんだ!」 と言ってもいけないからです。
                     さらに、「いつも笑顔」 「自己主張しない」 「テンパらない」 とも書きました。
                     そしてようやく意を決して電話しました。

                     予想通り、怒ってましたね。
                     でも、紙に書いた言葉を見ながら、穏やかに返事をしていました。
                     「それは違いますよ」 とも言いませんでした。
                     そうしたら、無事に話は済みましたし、先方も少し穏やかになりました。
                     電話の後も、怒りは全然こみ上げてきませんでした。

                     怒らなくて良かったです。
                     怒ったって、イイことないし、相手が変わるわけじゃないし。
                     かつては 「怒れないのは男じゃない!」 みたいなことを常に思っていたけど、それは間違いだとわかったのは、唯一、大人になれた点かもしれません。

                     エラそうなことを書きましたが、その前日には、酔って足の裏をケガしてしまいました。
                     そういう点は全然成長していません。
                     怒りも、時が過ぎて、時折少しだけ頭をもたげて来ます。仕事も進みません。
                     でも、明日はライブだし、応援団が20人も来てくれるし、目一杯楽しんで、気分爽快な状態に戻ることができるでしょう。

                     そして今宵も、お店には楽しい仲間が集まってくれています。
                     実にありがたいことです。


                    【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


                    meishin

                    3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
                    ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

                    そうだ、蛙を飼おう!

                    0
                      カエル


                       梅雨入り。雨が降っています。
                       雨が降ると、蛙の鳴き声が聞こえます。

                       大宮駅から徒歩5分のところに住んでいますので、田んぼもありませんし、川や池もありません。
                       近所の家で飼っているのでしょうが、窓から顔を突き出して聞いてみても、どの家から聞こえるのか特定できません。

                       蛙がいる……私にはそれがとてもうらやましいのです。

                       子供の頃は、蛙だろうが虫だろうが魚だろうが、何でも大好きでした。
                       こうしたものの捕獲は、何より楽しい遊びでした。

                       大人になって、蛙が好きになりました。
                       会社にあった水槽雑誌(……って言うのかな? 水槽で魚を飼う人が見る趣味の雑誌です。広告代理店だから、ものすごく色々な種類の雑誌が散らばっていました) で、蛙の飼育水槽を見て、そこに写っていた蛙がものすごく欲しくなったのです。

                       飼おうと思えば飼えるのですが、死んじゃったら大ショックだと思うとなかなか踏み切れず、そうなると色々な代替案を考える私は、田んぼや川にいる蛙を捕まえてきて、庭に放せばイイのだと思いました。
                       数年前、実際に弟に蛙を捕ってきてもらって、庭に放したことがあります。
                       上の写真の雨蛙です。
                       一夏ぐらいは姿を見かけましたが、みんな死んでしまったようで、翌年は姿を見られませんでした。

                       蛙と言えば、もう10年以上前の話になりますが、近所のどこかに、大きなヒキガエルが棲みついていたことがありました。
                       帰宅途中に、何度も姿を見かけたのです。
                       最初に見かけたときは、石の作り物かと思いましたが、近づいて触ってみると、本物だったので驚きました。
                       その頃はまだ小さかった息子に見せてやろうと、勇んで家に持ち帰りましたが、「ウワ〜!」 と驚き喜ぶ姿を想像していたのに、ビビッて顔を引きつらせるばかりで、少しも喜んではくれませんでした。
                       「道路の真ん中に居ちゃダメだぞ。踏まれて死んじゃうからな。ここに棲んでいなさい」 と、庭の物陰に放してやりました。
                       その後、ウチの庭からは出て行って、元の住処に帰ったようですが、以降、何年か姿を見かけ、その度に、「ああ、生きてたんだ!」 と安心しました。
                       しかしさすがにそれも3年間ほどのことで、以降は姿を見ることもなくなりました。

                       そして今年……、近所から蛙の声が聞こえるようになり、再度挑戦することに決めました。
                       庭には、メダカ水槽も、睡蓮鉢もあります。
                       さらに水場を増やすことも可能です。
                       だから、もう少しすると田んぼにおたまじゃくしが大発生する時期ですから、それを網ですくって来て、庭で飼えばイイのです。
                       すぐに蛙になって、ゲロゲロと鳴いてくれるでしょう。
                       上手く行けば、冬眠して冬を越してくれるかもしれません。

                       来年、庭の水場に蛙の卵を発見したら、どんなに嬉しいだろう……と想像したら、それだけでものすごく幸せな気分になれました。

                       男ってのは、50歳目前になっても、こんなことが大好きな生き物なのです。


                      【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


                      meishin

                      3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
                      ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

                      << | 2/9PAGES | >>