categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

archives

料理、ちゃんと作れます。

0
    氷川神社1


     昨日、お店が取材を受けました。
     近郊の「名店」としてWEBに掲載下さるとか。

     「写真用に何か一品作って下さい」とのことですが、弟が居ないので、炭焼きセットです。
     作るって言ったって、切って並べるだけ。
     でも、この「切る」「並べる」ができない人が多いということに、お店を開店してから気付きました。

     だから、立派な料理です!……と言っておきましょう。
     その後の営業でも、三洞ラーメンはしっかり売り切れました。
     ちゃんと作れる証明です(笑)。


     さて、今日は、昨日アップした「三洞だより」の続きです。


    ===========
    ■そして、つれづれ……
    ===========

     私の住む大宮には武蔵一の宮氷川神社という大きな神社がありま
    す。
     今の皇太子様が雅子さまとご結婚された時に、天皇皇后両陛下が
    報告に参内した3つの神社の内の一つです。
     そんな由緒ある神社ですから、勅旨が来る大きな祭事がたくさん
    ありますが、中でも夏の例大祭と12月10日の大湯祭は、年に2つの
    大きな祭事なのです。

     大湯祭は「十日町」と呼ばれ、毎年12月10日に開催されます。
     私が小学生の頃は、その日に「十日町に行く時の注意」のプリン
    トを渡され、学校は午前中でおしまいになったものでした。

     全盛期には1000軒ぐらいの屋台が出て、時間帯によっては参道は
    人でぎっしりで、賽銭箱の前にたどり着くまでに何十分もかかった
    ものです。
     息子が赤ん坊の頃、抱いてお参りに行ったら、この季節の夜中な
    のに汗びっしょりになってしまいました。

     飲み屋さんやクラブなんかは、店がはねた後、常連さんたちと連
    れ立って熊手を買いに行ったものです。
     大規模な飲み屋のテントもたくさんあって、そこでおでんなんか
    を買って、熱燗で飲み直し……なんてのが定番になっていました。 
     早朝の時間帯までにぎわっていて、それでも朝が近付くにつれて
    人が減って行くと、「つわものどもが……」みたいな雰囲気がして、
    なかなか風情ある情景でした。

     ところが!

     今年、十日町に行こうと、夜の11時頃に氷川神社に向かっていた
    ら、すれ違った友人が、「もう終わりですよ」と言うのです。
     いつからか知りませんが、10時に終了という決まりができたらし
    いのです。

     仕方ないからそこで方向転換して、19日にライブをやる同級生の
    誠ちゃんの店に行きました。
     事の顛末を言うと、誠ちゃんも、「えっ、そうなの? 10時で終
    わっちゃうの?」と驚いています。

     いつから、どんな理由でそうなっちゃったのでしょうかね?

     神社の都合とは思えませんから、きっと市とか警察とかの事情な
    のでしょうが、しかし、こういう風物詩的なものを、ツマラン行政
    の都合でなくしてしまうのは、よくないことだと思います。

     まあ、仕方ないから、19日、26日、28日には、個人的にお祭り状
    態になろうかと思っています。

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     会員募集中。http://s1.shard.jp/isoda3dou/
     
     一緒に楽しく飲みましょう。
     大宮駅西口徒歩2分 癒しの飲み屋 「三洞」
     http://s1.shard.jp/isoda3dou/
     http://3dou.fp99.net/
     mail: info@3dou.net
     〜〜〜〜〜

     配信ご希望の方は、メッセージ下さいませ。


    hr_s1.png
    ご両親から結婚する娘さんに贈る、真に役立つプレゼント
    「しあわせの白い本」
    〜The Marriage Book〜
    hr_s1.png


    【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】

    meishin
    3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
    ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック