categories

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

archives

今日からお店で新たな試み

0
    ブブゼラ
     ワールドカップ、日本、頑張りました。
     川嶋君もよく頑張ってくれました。

     日本戦の時は、店は満席でした。
     南アフリカからクリスが帰ってきて、お土産にブブゼラをくれました。
     ブブゼラは鳴るは、クリスト私のギターは鳴るは、歌は歌うはで、大いに盛り上がりました。
     負けちゃったけど、とても楽しい一夜でした。

     日本の戦いは終了しましたが、これから試合はますます面白くなります。
     店内観戦の日はまだ続きます。
     お近くの方、一緒に楽しみましょう。

     しかし、岡ちゃんってのは、運のある人だと思います。
     もちろん能力あってのことでしょうが、見た目は地味ながらも、代表の監督として2回ワールドカップに出場し、予選を勝ち抜いたのですから。
     これで今後はたくさんの講演依頼が来るでしょうし、講師料も1桁上がるでしょう。テレビ出演依頼も殺到しているでしょうし、おそらく紅白の審査員もオファーが来るでしょう。NHKに出演しても、あまり儲かりませんが。
     もちろん協会内の発言力も増すでしょうから、これでこの先、左うちわでしょう。

    駒3
     私はと言えば、この頃仕事をする気があまりなく、これは一体どうしちゃったのかなとも思いますが、日々は楽しいので問題はございません。

     神輿が近付いたので、駒の制作だけはやってます。
     これが塗る前の状態。
     しっかり彫れてます。
     気持ちイイです。

     仕事と言えば、今日から店では、Ricoちゃんが働いてくれています。
     毎週木曜日にやってもらう予定です。

     もちろん彼女を単なるバイトさんとして使う気はありません。
     そんなの、勿体無いですから。
     彼女は色々な集まりの幹事役をやっているので、起業を目指す人、起業したばかりの人への情報発信基地として私のお店を使って欲しいなと思っています。
     当面は私も店にいます。
     セミナーだと受講料をいただきますが、店に来てくださった場合は、酒席での話として無料で質問にお答えします。彼女自身も 「初心者向け営業勉強会」 の講師をしていますので、役に立つ話が聞けると思います。
     是非お越しくださいませ。

     ということで、最後に、先日店に来たかわいいお客様の写真です。

    みちるちゃん


    【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


    meishin

    3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
    ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

    囲炉裏開きしました! 炭料理いっぱい!

    0
      image-3
       「生命保険ショップをやる!」 「生命保険見直し・世直しの人の仕事をどんどんやる!」……不思議なものです、と言うか、当然のことと言うか、そう宣言した途端に、日々、生命保険コンサルティングのお問い合わせが来ます。

       そういうものなんですね〜。
       セミナーでも、「そういうもの」 と言っている自分自身がまざまざと実感しています。
       ホント、思考は現実化します。
       正しくは、「思考したことしか現実化しない」 ですけどね。

       そんな中、今日も保険の仕事を終えてから、夜には 「癒しの飲み屋 三洞」 に変身します。

       「三洞だより」 を発行しましたので、読んでやってください。

      ==============================
      ■三洞だより「ちょっとしあわせ気分」■(020)2009/9/3
      ==============================
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       仲間募集中。http://s1.shard.jp/isoda3dou/ 内輪の特典色々
       ☆会員登録していただくと日替わりサービスがあります。
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      ■『炭、入れました。囲炉裏、開けました!』

       すっかり秋ですね。
       台風の日なんか、寒かったですもん。

       ということで、9月になりましたので、炭を熾しました。
       囲炉裏開きです。

       早速、店主は囲炉裏端に座り込みました。

       炭を入れて、鉄瓶も掛けて……。
       鮭とば・ねぎ・生椎茸をあぶっていたら、鉄瓶から湯気が。
       「やっぱコレは、燗酒だろ!」……と、「ちろり」に日本酒を入
      れて、飲み始めてしまいました。

       そこにやってきた常連様。
       「おっ! イイね〜」で、後はマッタリの囲炉裏端での酒宴です。 
       徐々に人も増えて……結局6人で囲炉裏を囲んで、すっかり酔っ
      てしまいました。
       一升瓶、空いちゃった……。

       これでイイんです。三洞はこうでなくちゃ。

       これから毎日、炭を入れますよ。
       一緒に飲みましょう。


      ■『比内地鶏鍋、ご予約なしでOKです』

       夏の間はご予約でお出ししていましたが、9月以降はその場での
      ご注文でOKです。
       1人前でもお作りしますよ。

       週に一度のペースで「比内地鶏鍋の日」を開催します。
       囲炉裏に鍋が掛かっていますから、ご自由にどうぞ。

       初回は9月10日の木曜日にやります。
       ご自由に召し上がっていただいて1000円!
       ただし、会員様限定とさせていただきますので、是非会員登録下
      さい。→ http://s1.shard.jp/isoda3dou/


      ■『炭を入れたので……』

      ●定番メニュー「炭焼きセット」もスタート。鮭とば、きのこ、葱、
       旬の野菜などをあぶってどうぞ。

      ●好評の「お取り寄せ干物」も再開です。北海道さんま一夜干し。
       来週は北海道真ほっけ開き。

      ●湯豆腐、旬の小鍋立てなど、日替わりでご用意します。


      ■9月20日〜22日の連休のご予約を承ります。

       三洞はどこにも行きませんので、店で飲んでます。つまり、店を
      開けています。ご予定のない方は、是非遊びに来て下さい。
       ご予約に応じて仕入れいたしますので、ご予約いただければ幸い
      です。

       22日は「囲炉裏パーティ」を開催します。

       ・参加費2000円です。比内地鶏鍋を含めたお料理をお出しし
        ます(飲み物は別料金となります)。
       ・何か1つ、炭であぶって食べたい食材をご持参下さい。囲炉裏
        端でみんなで食べましょう。


      <今後の予定>

      ●9月11日  Morry's ライブ
        お時間ある方は是非見に来て下さい!
        場所はこちらです。http://s-star.jp/

      ●9月19日 三洞夜話
        囲炉裏端で鍋を囲んで飲み、語り合いましょう。
        お題は未定ですが、「よかったな〜」と思える内容にさせてい
        ただきます。ご予約、お待ちしております。

      <オススメ>

       *三洞ラーメン、1日4食限定。10食にしようかと検討中。
       *人気No.1 牛巻き寿司。現在の牛肉は「宮崎黒毛」です。
       *ダチョウ、入荷しています。砂肝に加え、ハツもあります。

       〜〜〜〜〜
       囲炉裏を囲んで、ゆったりのんびり、飲み、語りましょう。

       大宮駅西口徒歩2分 癒しの飲み屋 「三洞」
       http://s1.shard.jp/isoda3dou/
       http://3dou.fp99.net/
       mail: info@3dou.net

       素材の味を生かした本格絶品和食「Sakuragi」
       http://s1.shard.jp/sakuragi/
       http://sakuragi-saitama.com/
       mail: sakuragi7mas29@ezweb.ne.jp

       *配信拒否の方はお手数ですがその旨ご返信下さいませ*
       〜〜〜〜〜

      【さいたま市の生命保険見直しショップのご案内はこちら】


      meishin

      3冊目の著書「生命保険 10の迷信」 無料で進呈中です。
      ご希望の方はご本名を添えてメッセージ下さい。

      囲炉裏って……見ても分からないものなのかな?

      0
        覗き窓
         ちょっと日記の間隔が開いてしまいました。
         書いてたんですけどね、なかなかアップできないまま日が経ち、古いネタになってしまいました。

         昨日はバンドの練習でした。
         次回はトラ (臨時ヘルプ) で、けいちゃんという可愛い女の子が入ります。
         新曲も3曲。
         とっても楽しみです。

         19日金曜日、お時間ある方、是非見に来てください。
         オールディズ&懐かのディスコソング等々、20曲ほどやります。
         場所はこちらです。
         http://s-star.jp/

         さて、本日、「三洞だより」 の13号を配信しました。
         弟のニュースがお客様にかなり好評のようで、私も、「イカンイカン、最近、配信していない」 と、書いてみました。
         折角なので、こちらにもアップします。

        ======================
        ■三洞だより「ちょっとしあわせ気分」■(013)
        ======================
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        仲間募集中。http://s1.shard.jp/isoda3dou/ 内輪の特典色々
        ☆会員登録していただくと日替わりサービスがあります。
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

         前回の三洞だよりで、「覗き窓越しに私と目が合うと、女性は入ってくるけど、男は入ってこない」と書いたところ、何人かの方から「面白かった」と言われました。
         ということで、続きのお話です。

         ご存知の方はご存知でしょうが、覗き窓の下には掲示板があります。半分が黒板、半分がコルクボードで、黒板にはその時々のお知らせなんぞが書いてあります。
         そこに、こんな風に書いてみました。

        「三洞です。

         ウチは設計時に“入りにくい店にして”と頼んだので、その通り、少々入りにくい店になっています。
         で、多くの方が、この窓(↑)から店中を覗くわけですね。
         そうするとカウンターに居る私と目が合います。
         目が合うと、女の子は店に入ってきます。そして男の人は、目をそらして行ってしまいます。
         不思議な現象です」

         集客を狙ったわけじゃないんです。ただ、書く事がなくて、ちょっと通行人が読んでくれればいいな〜と思っただけなのです。

         ところが、すぐに効果があらわれてしまいました。
         書いたその日、「何か、覗いてるな〜」 という気配を感じ、窓の方を見れば……30歳ぐらいの男と目が合いました。

         普通なら、あわてて視線をそらせて去ってしまうのですが、黒板の一文の効果か、立ち去らずに私を見て笑っているのです。私も 「コンチハ」 といった感じで会釈をしました。
         でも、入ってくる雰囲気はないので、気にせず他のお客さんのお相手をして
        いたら……5分ぐらい経ってから、入ってきたんですよ。同年代の男3人です。

         意外だな〜と思ったけど、入ってくれればお客様ですからね。にこやかにお迎えしましたよ。丁度囲炉裏の席が空いていたから、「どうぞ、上がっちゃって下さい」 と愛想よく言いました。

         ところが! なんです。

         囲炉裏の席を見て、「……ここって、テーブル、出るんですか?」 なんて言うんですよ。
         掘り炬燵じゃないんですからね。灰の上にテーブルをどうやって置くって言うんですか。  「囲炉裏だよ、テレビや写真でなら見たことあるだろーが」 「足突っ込んでもいいけど、灰だらけになるよ。炭が入ってたら大火傷だよ」 って感じです。

         前にも同じようなことがあったんですけど、これ、かなりムッとするんですよ、私にとっては。だから少々険しい顔になって、「囲炉裏ですからね。そのまんまですよ」 って言いました。
         そうしたら、「あの〜、じゃ、いいです」 って帰っちゃった。

         当然ですが、一瞬でブチ切れましたよ、私。
         こういうのは一番頭に来ます。
         他のお客さんは、そんな私を見て、大喜びしてましたけどね。

         やっぱり可愛い女の子だけでいいやって思いました。
         大体、入るのに5分も迷うフニャフニャ男なんて来なくていいです。

         でもね、黒板の効果は翌日もあらわれて……好青年が一人、入ってきてくれました。
         スカッと入ってきて、スカッと飲んでくれました。
         やはり男はこうじゃないといけませんよ。
         
         ということで、気持ちの良い男性客のお越しを心待ちにしている今日この頃なのです。


        【癒しの飲み屋「三洞」今後の予定など】

         ●6月19日(金) Morry's ライブ

         お時間ある方は是非見に来て下さい!
         次回はゲストあり、新曲ありで、気合入ってます。
         場所はこちらです。http://s-star.jp/

         ●6月23日(火)19:00〜 三洞夜話 その6

         ・お題「“時間”について考えてみよう〜楽しい“時間”を過ごすために、
          時間と運気、大人の時間の過ごし方、有効な時間と無為な時間」など。
         ・飲食代として3000円申し受けます。

        <オススメ>

         *茗荷の梅酢漬け、再開しました。
         *長芋のぬか漬けあります。
         *三洞ラーメン、1日4食限定。食べた人はかなり驚きます。嬉しいです。

         〜〜〜〜〜
         ゆったりのんびり、飲み、語りましょう。
         比内地鶏、まだまだあります。
         〜〜〜〜〜
        =====================

         配信したら、早速、何通かの感想をいただきました。
         嬉しい限りです。
         その中でも一通、特に嬉しいやつを紹介します。

        =====================

         「こんにちわ〜。○○です。

         今度こそ遊びに行こうと思います。
         会社の友達(女の子)に三洞さんのこと話して、この三洞だよりを転送してあげたら、こんな感想をもらいました。

         『読んだよ〜、面白いね。
          三洞さんのプロフィールが面白い。
          こういう人と出会いたいなあ。こういう人と生きてみたい。
          いや、、自分がこういう風に生きたい!
          会えるのたのしみ〜〜』

         ということで一緒に行こうということになりました!

        =====================

         この感想をくれた子も、昨年結婚してしばらく顔を見せなかったけど、とっても面白くて元気な女の子です。
         面白くて元気な若い男性諸君、お待ちしています。


         ところで、囲炉裏って、見ても分からない人、多いんでしょうかね?
         囲炉裏の席を見て、「テーブルは出ないのか」 と聞いた客が、今までに5組ほどいるんですよ。

         最初のその客は、勝手に小机を移動させて、囲炉裏の上に設置しようとしていました。
         そんなの無理だし、危なくて料理が乗せられないし、何より、勝手にいじるんじゃねーよ! ですよ。
         その時はアホな男のバイトがいて、そいつが 「イイデスヨ」 って言ったとのことなので、
         「お前、あれ事体が机なんだからな、その上に机を置くなんておかしいだろ〜が。常識のネ〜ヤツだな。お客さんにウソ教えるんじゃネ〜よ」 と、聞こえるように叱ってやりました。

         その客は、まあまあ若い客だったのですが、つい先日は、私と同年輩と思われる落ち着いた服装の男女が、囲炉裏の席に上がって、「テーブルはどれを使えばいいんですか?」 なんて聞くんです。
         何て答えたのかは忘れましたけど、この客も勝手に小机を移動させて使ってました。
         しかも非常に不自然な座り方をしていました。囲炉裏の角に斜めに向かい合って座って、間に小机を置いているんです。
         窮屈だろうし、囲炉裏端に座る意味が全然ないし……「将棋でも指してるのかよ」 といった感じでした。
         料理を運んできたべんちゃんも、後で、「あれ、何ですか? お知り合いじゃないですよね? 変なカップルですね〜」 と言っておりました。

         袖机や、皿やグラスを置くお盆はちゃんと用意してあるんですよ。
         それなのにどうして、「テーブルがどこにあるのか」 って聞く人が居るのか、よく分からないのです。
         囲炉裏って、実際に見たことなくても、ある程度の年齢になれば、テレビや雑誌で一回ぐらいは見たことあるもの……ですよね?

         このところ立て続けに、「テーブル……」 って言い出す人が店に入って来たので、「囲炉裏って、見ても分からないものなのかな〜」 という疑問が生じている私なのです。

        こんな思い込みが大損を招く! 「生命保険 10の迷信」 五十田三洞 著

        「生命保険 10の迷信」 無料進呈中です。
        ご希望の方はメッセージ下さい。


        嬉しいこと、2つ。

        0
          「三洞」の入り口です。癒しの空間の入り口です。
           予感は当たるものですね。

           6月に入り、お店 「三洞」 は心地良い状態の日が続いています。
           この日はとっても嬉しいことが2つありました。

           まず1つ目。
           遠く青森から、若い女性のお客様がご来訪。
           ネット上のお知り合いで、もちろん初対面です。
           ご来店いただいた瞬間の雰囲気で、「単なる一見さんではないな。私を知っているんだな」 というような気はしましたが、もちろんそんな気がしただけのこと。

           でも、落ち着いたところで、「あの〜、私、○○です」 とご挨拶くださいました。
           「えっ、わざわざ……いや〜、来てくださって嬉しいです!」

           ご友人の結婚式に出席のため、大宮に来たとのこと。
           お友達と一緒にご来店くださいました。
           こういうのは、本当に本当に嬉しいことです。

           あまりお構いもできず、申し訳ございません。
           結婚式、そしてお友達との久しぶりの再会、どうか楽しんでください。
           そして、機会があればまたお会いしましょう。


          牛巻き寿司  2つ目。
           常連の 「あーさん」 が、お店のことをブログでとってもほめてくれました。

           あまりに嬉しいので、引用させていただきます。

           ===============

           昨晩、約1ヶ月ぶりに、
           大宮西口徒歩2分癒しの飲み屋「三洞」へ行ってきました。
           こんなに間が空いたのは初めてです。

           鯖、漬物、グリーンアスパラ、牛巻き寿司…
           いつ食べても美味しく、盛り付けも美しい
           元気が出る・自然と笑顔になれる、ホッとする味です

           ■癒しの飲み屋「三洞」について

           ●料理・お酒、どれを選んでも美味し過ぎる。
           ●雰囲気のイイ空間。長居確実。(近隣の騒音無し)
           ●お店全体が三洞さんのお部屋。(いつか座敷でゴロ寝したい)
           ●客層の品が良い。ツマラナイ話をする人が居ない。(そんな話するのは私ぐらい)
           ●店主・三洞さんは憧れの存在。良きアドバイスをしてくれる。そして話が面白い!

            私が通って居る・独りでも飲みに行く理由は語りきれません。

           ===============

           あーさんはもうすぐ誕生日を迎える20代の女性です。
           最初はネットでたまたま当店を発見して、会社の方々と来てくれました。
           3回目には1人で来てくれるようになりました。
           今では常連さんです。
           ものすごく酒が強いです。

           写真は彼女の大好物の 「牛巻き寿司」。
           三洞・Sakuragi の人気メニューです。
           釜炊きの炊き立てのご飯を、国産の特上牛肉で巻いて作ります。
           ご飯の熱で牛肉の脂肪分が融けて、旨味がご飯にしみこみます。
           味付けは紅葉おろしポン酢と塩コショウ。
           そのまま召し上がっていただけます。


           お店 「三洞」 のコンセプトは 「私の部屋」 であり、お客様は 「遊びに来てくれたおともだち」 です。
           だから、常連のあーさんが、日記に書いたように思ってくれていることは、ことさらに嬉しいのです。

           みなさんも良かったら遊びに来てください。
           私の部屋 「三洞」 に。

           一緒に楽しく飲みましょう。


          模様替え

          0
            「三洞」の店内です。癒しの空間です。
             先日、非常に良い本に出会いましてね、それで色々と考えるところあって (そうやって年に何回かは考えてるんですけど……)、成人の日以降ぐらいからグダグダになっていた生活が爽やかなものになりつつある三洞です。

             とは言え、「こんな男にホレてはいけない」 がなかなか書けず、文体そのものに疑念が生じちゃって悶々とする中、生命保険コンサルティングのご依頼は嵐のように訪れ、しかしその中で酒の誘惑には勝てず、相変わらずやること山積状態は続いております。

             そうなると問題なのはお店ですよ。
             火曜日と土曜日をベンちゃんがやってくれることになったので、状況はかなり改善されたのですが、それでも店に出る日は週4回あり、「何とかしないとな〜」 という思いがいつも私を捉えて離さないのでありました。

             本来は店でも仕事をするつもりだったんですけどね。お客さんが居ない状況であってもそれができない……。
             なぜなんだろう?……と考えたら、ようやく一つの答えに行きあたりました。
             それは、環境が中途半端だからなんです。

             元々、仕事場の環境がちゃんとしていないと仕事が進まないタチですから、環境に不満を抱えながら店で仕事をするって言うのは至難のワザなのです。
             そこでひらめいた答えが、「もっと店を楽しくしよう。そのためには模様替えだ!」 でした。

             まあ、店なんてものは、使い勝手に応じて徐々に店内が整備・改善されて行くものですが、引き渡し当時から抱えていた不満のいくつかを忘れたままに1年が経ち、その景色に慣れてしまい、日々の 「飲み屋のマスター」 の日々にも埋もれ、その意識しない小さな不満が塊となって私を包み、店で楽しく仕事をする気を失わせていたのです。

             だから、模様替えです。
             飲食店ではなく、私の部屋なんだから、もっと私の好きなものが無いといけません。
             日々1つづつ、店を私の好みの空間に変えてくれるものを抱え、店に向かいます。
             それを置いたら、不要なものを1つ処分します。
             囲炉裏スペースのレイアウトも変えました。飾り棚を奥にして、手前には、私の仕事用に買った文机を置きました。
             かなり気分が良くなりました。

             酒のメニューも変えました。
             ワイン、日替わりでグラス売りで出すことにしました。
             つまみは弟が美味しいものを作ってくれるので変えません。「今日のワインに会うのは○○ですよ!」 って言えばイイんですから。
             それと、先日、抹茶割りを出したら感激されたので、再度、茶道具を出して、「その場で点てる抹茶割り」 を開始しました。あんまり出ない洋酒は削除です。余った酒は私が飲んじゃいます。

             1年経って、少々飽きが来ていた店が、また少しづつ楽しくなって来ました。

             よかったら、私の部屋 「三洞」 に遊びに来て下さい。

            書家・ファイナンシャルプランナーの三洞です。



            ボジョレーヌーボー、入荷しました。

            0
              「川をつくろう」プロジェクト発動!
              署名活動にご協力下さい。
              主旨のわかる日記 (1) (2)

              ===============================
              2008年三洞カレンダー「ちょっとしあわせ気分」予約受付中です
              ==============================

              ベンちゃん告知
               今年のボジョレーヌーボー、入荷しました。

               レ・ロジェールです。

               もう飲めます。

               まあ、浮かれて飲んでたバブル時代とは違うので、ゆっくりくつろいで飲んでください。



              囲炉裏開き

              0
                〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                唄うフォトグラファー凡次郎
                写真展&三線ライブ

                10/15 (月) 〜10/28 (日) 
                三洞にて
                〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


                 大分涼しくなりましたね。

                 夕方、店に入ったら寒かったので、「そろそろ炭を埋けて、囲炉裏を開くかな……」 と思いました。
                 囲炉裏はお店 「三洞」 の大きな特長の1つですが (最大の特長は店主)、さすがに夏の間に炭を埋けるのは狂気&迷惑&私もイヤでしかないので、囲炉裏のふたは閉めておりました。
                 でも、もうそろそろですよね。

                 そう思って、炭を出しやすいようにと、収納してある物置を整理していたら汗が出てきて、結局囲炉裏開きは延期となりました。
                 まあ、囲炉裏に火が入るのは、今週の後半からでしょうね。

                 スーパーに買い物に行くと、食材が秋らしくなっていました。
                 いつでも何でも買えるご時勢であっても、食材の季節感はそれなりにあるものだと感じました。

                 ということで、ホンワカ気分になれる料理、茶碗蒸し2種類。

                茶碗蒸し1

                茶碗蒸し2

                 「三洞」 は、体も心も暖かくなれるお店です。

                〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                唄うフォトグラファー凡次郎
                写真展&三線ライブ

                10/15 (月) 〜10/28 (日) 
                三洞にて
                〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


                一人飲みのできるお店

                0
                  ひよこ

                   この日、歯を抜きました。

                   大分前から奥歯がグラついていたのですが、そのグラつきがひどくなり、噛み合わせが悪くなって、痛みを発しておりました。
                   モノが噛めないのはメシが美味くないので、非常によろしくありません。

                   先日、釣りの帰りに、新座の 「ぜんや」 なる、塩ラーメンの有名なお店に行きまして、私としては初の 「並んでラーメンを食べる」 という経験をしました。
                   なるほど、行列が出来るだけあって非常に美味しかったのですが、注文した支那竹ラーメンのシナチクが歯に当たって激痛を発し、飲み込むようにラーメンを食いました。
                   そうしたら胃がおかしくなり、美味しいスープを飲むのに四苦八苦の状態になってしまいまして、「これではいかん」 と思い、ついに歯医者に行ったのです。

                   親知らずではなく奥歯なので、かなり血も出ましたが、麻酔が切れた後に痛み止めを飲んでしまえば何ということもなく、かなり気分爽快になって店に出ました。


                   この日はヒマであろうと思っていたのですが、開店早々に一見のご夫婦がご来店。
                   以降、一人飲みのお客さんが入れ替わり立ち代りやって来て、3席しかないカウンターには常に3人のお客様で3回転……という、ある意味理想的な状態となりました。

                   一人飲みの方がいらっしゃってくれるというのは非常に嬉しいことです。
                   「店の雰囲気が良い」、「三洞とお話したい」 と思っていただいているということですから。
                   特に、女性の一人飲みのお客様は嬉しいですね。
                   多くの女性の方にとっては、一人飲みはちょっと勇気がいるでしょうからね。

                   で、一人飲みの女性が来てくれれば、飲まないわけには行きません。
                   医者から 「今日はお酒は控えてね」 と言われていたのに、すっかり忘れて飲んでしまいました。
                   痛み止めを飲んで酒を飲んだら、頭がクラクラして来てしまいましたが、気分良く飲めたので、何の問題もありません。

                   写真は、そんな一人飲みの女性がお土産に持って来てくれた 「ビッグひよこ」 です。

                   一人飲み出来るお店をお探しの女性の皆さん、是非、三洞にお越しください。
                   皆さん、「癒される」 と言ってくださいます。
                   三洞は、そんなお店です。



                  大宮駅西口徒歩2分 「三洞」 のご案内です。

                  0
                    「三洞」の入り口です。癒しの空間の入り口です。 はじめまして。書家・ファイナンシャルプランナー・マーケティングプランナーの五十田三洞です。

                     元々寿司屋の家に生まれ、大学4年の夏まで家業の寿司屋を継ぐもの思っていた私ですが、諸般の事情により広告代理店に就職。その後は皆様ご存知のように、家の中で私だけがマーケティングプランナーだとかライフプランナーだとかファイナンシャルプランナーだとかいった、横文字のよくわからぬ仕事をしておりました。

                     そんな中、父の飲食店を継いだ弟が地元大宮に帰還。我が家から徒歩2分のところで飲食店を開店し、我が事のように喜んでいたのが昨年の4月のこと。

                     そしてひょんなことから、その隣で私も飲食店を開店してしまいました!

                     さして深い考えがあったわけではありません。
                     弟の店はビルの1階にあって、同じビルの隣も飲食店なのですが、以前より事務所を借りようと思っていたので、昨年の夏に、大家さんに「隣、空かないですかね?」と何気なく聞いてみたのです。
                     大家さんは「隣は空かないよ〜」と言ったのですが、そのわずか1週間後に、「隣、出るってよ。お兄ちゃん、入ってくれないか」とのことにて、生来の楽天家で即決が身上の私は、即座に「いいですよ」と答えてしまいました。
                     それでお店を開店したのです。
                     今思えば、サラリーマンをやめてソニー生命に入社した時と同じ様な状況でした。

                     借りると決まってしまったのですから、後はやるしかありません。
                     しかし、繁華街の1階ですから事務所だけでは勿体無いし、事務所家賃としては高いものになります。
                     そこで、「折角だから事務所兼用のお店にしよう。コンサルティングの人の対応も出来るし、セミナーにも使えるし、何よりネットワークの拠点になる」と考え、「私の部屋のような飲み屋」を開店することにしたのです。

                     11月半ばより着工。暮れも押し迫った頃に、一応の完成を見ました。
                     ただし、完成しても修正点が出るのは弟の店でわかっていますし、何より、私自身が飲食のプロではありませんから、何を出すのか、何が出せるのか、どんなおもてなしが出来るのかを考え、練習しなければなりません。
                     そうしたことで、1月中は私自身の準備期間として、告知をせずに細々と店内で試作料理を作ったり、あれこれ考えたり、店内の整備をしたりという期間といたしました。


                     そして2月。
                     早いもので今年ももう1ヶ月が経過しました。
                     私の準備期間も1ヶ月が経過しましたので、皆さまにお知らせをし、是非ご利用いただきたいと思った次第なのです。

                     申し遅れましたが、店名は私の雅号と同じ 「三洞」 です。
                     店名はわかりやすいのですが、内容はわかりにくいです。
                     多くの人から「何屋さんですか?」と聞かれますが、即答できません。
                     私自身と同じです。「何屋ですか?」と聞かれ、一言では言えないので即答できずにいる三洞がやっているお店「三洞」ですから、即答できなくても仕方ありません。
                     でも、皆さまにはきちんと?お知らせしようと思います。

                    ●写真でお分かりのように、和風の雰囲気の飲み屋です。

                    ●食べ物は大きく2つに分かれます。

                     <美味しい「食べ物」>・・・隣の店で弟が作ります。国産牛肉は毎日あります。その他、市場に行って旬のものだけ買ってきます。だから毎日メニューが変わります。お金持ちの友人は「ナダマンの3万円コースより、ここの料理の方が美味い」と絶賛してくれました。刺身、焼き魚、煮魚、野菜など、美味しい和食が楽しめます。

                     <呑み助用の「つまみ」>・・・酒の肴各種あります。こちらも日替わりですが、最大の特徴は炭焼きです。囲炉裏があって炭がおきていますから、そこで肴をあぶって食すことができます。

                    ●囲炉裏があります。

                     キャンプファイアー、暖炉・・・火を見ていると不思議に気持ちが落ち着くものです。
                     囲炉裏端でゆっくりくつろいでください。
                     元々、私が囲炉裏端に座っていたいという発想で作った店ですから、火を囲んで楽しくお話しましょう。
                     ただし、夏になったらどうしよう・・・と思っているのですが。

                    ●セミナー、ミニギャラリーとして

                     大きなモニターがあります。テレビも映りますが、実はパソコンモニターなのです。パワーポイントが使えます。セミナーや研修会場として使えるように作りました。終了後はそのまま落ち着いた雰囲気で懇親会ができます。
                     また、ギャラリーとして是非多くの意欲的なクリエイターにご利用いただきたいと思っています。
                     私も初の個展はワインの田崎さんのお店でやらせていただきましたが、これは大正解でした。
                     単なるギャラリーは一般の人には入りにくく、また、来場してくれたお知り合いの方々となかなか落ち着いて話が出来ません。しかし、くつろげるお店であれば、普段一緒に酒を飲むように、来場者とお話が出来ます。また、一般のお客様も作品を見てくれます。
                     私は書を飾りますが、写真、絵、工芸品などの個展会場としてお使いいただきたいと思っています。

                    ●私の事務所兼喫茶店として

                     その内、昼間も開けようと思っています。
                     その際には、コーヒーと抹茶を出そうと考えています。
                     私の事務所も兼ねていますから、生命保険コンサルティングもお店で受けていただけます。

                     以上のようなお店です。

                    【住所】 さいたま市大宮区桜木町2−164 イワセビル1F

                     TEL 048−877−9498


                    【アクセス】
                     ・大宮駅西口を出て、丸井とアルシェの間の道を、駅を背にして直進
                     ・道を渡って、そのまま紳士服のコナカの脇の道を直進
                     ・突き当たって右折。左側の5〜6軒目です。


                     皆様のお越しをお待ちしております。

                    | 1/1PAGES |